オススメリンク
中古マンションの購入は昭和住宅へ|昭和住宅の口コミ・評判まとめサイト
今の水回りに不安がある‥リフォームなら柏のこちらにお任せください。お客様の納得のいく使い勝手のよい機能的な水回りを実現します。
埼玉で一戸建ての情報が集まるサイト│株式会社リアルさいたま
塀や壁等のコンクリート工事をしてエクステリアに遊びを持たせてみませんか?過ごしやすくなるだけでなくデザイン性もアップしますよ。
エクステリアやお庭のことならこちらにお任せください!|庭ちば
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

エクステリアのいろいろ

ベッドルーム

マイホームを建てる際、家の間取りなどはもちろんですがエクステリアも重要です。家の雰囲気や敷地の形、庭の位置や動線のつながりなどを考慮してプランニングします。

日本の住宅の平均寿命は26年位で、建物の老朽化や家族構成がかわったなどの理由でリフォームが必要になる事があります。

昔は駐車スペースと庭程度だったエクステリアも、現代ではカーポートやウッドデッキ、サービスヤードなど便利でおしゃれなものがたくさん出てきています。

リフォームで蘇る一戸建て住宅のエクステリア

エクステリアのメンテナンスは、一戸建て住宅の住人にとって強い関心事です。

新築当時は新しかった住宅の外構も、年月が経つと共に所々に傷みが見られるようになります。傷んできた外構は、見た目が悪いだけでなく、倒壊などのリスクを持っています。

修繕が必要と判断したならば、速やかにリフォーム業者にエクステリアの修繕を依頼する事が求められます。適切な対処を施すことにより、これからの住宅での暮らしにも長く使い続けられます。

一戸建ての建ぺい率

建築

一戸建てを建築する時にまもるべき建築基準法のルールのうちの1つに「建ぺい率」があります。建築面積(ほとんどの場合、1階の床面積)÷敷地面積ででる割合のことです。

この建ぺい率の「ぺい」は「蔽」と書き、「かくす」という意味があります。

つまり、一戸建てを真上からみた投影面積、わかりやすくいうと、太陽が真上から照ったときに影になる部分の面積ということです。

一般的に、閑静な住宅街ほど、この数字は小さくなり、隣戸の家の距離が大きくなり、日当たりや風通しが良くなります。

エクステリアのリフォーム

エクステリアとは家の外壁、庭、門や塀、カーポートなどを含めた外観全体を指すものです。

一戸建て住居の印象を決定づける重要な部分であり、ここが美しく整っていると、その家ばかりでなく、街の景観までがよく見えるものです。

しかし外観は、年月を経ると傷みが目立ちやすい箇所でもあるため、定期的に補修や改修などのリフォーム計画を立てることが大切です。

手入れの行き届いたエクステリアを保つことは、快適な暮らしを継続させる上でも必要不可欠なことといえます。

一戸建てについて

図面チェック

一戸建てとは集合住宅の対義語で、一棟一戸の独立している住宅を指します。

集合住宅と違い、他者との共有部分がないので、エクステリアにもこだわりが持てます。

新築だと建売住宅と注文住宅があり、自由に設計できるのは注文住宅の方ですが、その分価格が高くなります。

古民家を購入し、おしゃれにリフォームしてシェアハウスにしたりカフェを開いたり田舎暮らしをしたりということも流行しており、昔ほど中古住宅に対する忌避感はありません。

一戸建ての歴史と今後

一戸建ては、戦後の住宅需要を満たすために急速に普及しました。その時点では、品質管理に関する考えた方も甘く、耐震性や気密性などは度外視したものも少なくありませんでした。

その後、住宅需要が安定してくると、住宅の性能にも広く関心が寄せられることとなったのです。

なお、現在においては、住宅の耐用年数見直しが進んでおり、リフォームを行って、長期的に利用することが増加しています。

さらに、エクステリアについても、ウッドデッキを設置するなど、一戸建ての楽しみ方が広がっており、こうした傾向は今後も続くと考えられています。